業種別の現状を分析・解説。今後の経営で問われること。

投稿日:

こんにちは。竹内です。
コロナになってから、非常に様々な事が激変しています。

そういう中、先日帝国データバンク様の記事でも、

「倒産理由の変化が起こっている」と見ました。

当初は、もともと業績不振だった会社が倒産していたが

最近は、コロナによる業績不振会社の倒産、という風に

種類が変わってきているとのこと。

今後も新たな挑戦、新たな需要開拓が出来なければ厳しいので、

新たな変化、商品開発、場合によっては業態チェンジも必要な状況になっています。

今回の動画では、業種別に私がヒアリングした状況と対策など

ご紹介していますので、是非御覧ください。

●【今週共有した動画一覧】

 

・【意外と知らない】戦略的な「会社のたたみ方」の基本

 

 

・【医療・福祉・介護業界】2020年現状と対策9選

 

 

・【コラボ企画】経営者やフリーランスが「声」にこだわったほうがいい理由

 

 

・【2020年秋】美容室・エステなど美容業界の現状と今後の対策9選まとめ

 

 

・【首相辞任】今後の補助金や給付金施策はどうなるか??

 

 

・【2020年秋】飲食業界の現状と対策「9選」まとめ

●終わりに

過去の成功体験も使えるもの、使えないものがあります。

一気に変わらないといけない、という事を問われつつ、
良いものは引き継いで活用しないといけない、という状態が
続くでしょう。

しばらくは8割経済、8割経済は続くといわれてきましたが
逆に業績が好調な事業や商品もあります。

このような時は、
いかにチャンスをとらえていくか、
基本に立ち返り顧客満足をいかに高めるか、
当面は耐えつつ次のチャンスをいかに狙うか、
ということを改めて考えていくタイミングですね。

 

今年は、本当に激変で今回の台風被害に遭われた地域の方に
ついては、コロナの影響に加え、台風被害と2重苦は本当に
きついと思われます。
災害復興の観点で何かできないか?と思います。

普段から会社でできることは、災害がおこることを
想定していくこと、かと思います。

Copyright© 株式会社RAD , 2021 All Rights Reserved.