企業の倒産状況まとめ(随時更新)

更新日:

融資返済、インフレ、円高、利上げ、人手不足で苦境に立たされる

規模を問わず、企業の倒産状況というのは、世の中の状況を反映しています。

例えば、コロナ禍では、未曾有の出来事への対応という観点から、

いわゆる「ゼロゼロ融資」と言われる制度や、給付金、支援金などの支援により、倒産件数は抑え込まれていました。

しかし、ゼロゼロ融資の据置期間、つまり、元本返済なく利息だけ払う期間が終了することにより、

支払い原資がない企業のキャッシュフローが悪化し、倒産の懸念が増しています。

さらに、2021年ごろから起こってきた、物価高、インフレが企業の収益力を削いでおり、

倒産に拍車がかかる、という事態まで遭遇しました。

これを助長していたのが、急激な「円安」だったのですが、その円安は、ドル円151円という状況から

考えると、2022年12月24日時点の132.77円は「円高」になりました。

ここに来て、実質的な日銀による「利上げ」方向になり、インフレ沈静化に進みそうな反面、

返済苦も進みそうな状況であるのが、2022年12月24日時点での情報です。

こちらでは、倒産を助長するのではなく、「今何が起こっているのか?」「なぜそうなったのか?」といった

ことに着目し、事前に対策を打つ、また渦中にいる会社でもなんとか対応し、倒産を免れてほしい

そういった思いから、現状をまとめてご紹介させていただきます。

定期的に情報更新を行うので、今を知る1つのきっかけとして、ご利用くださいませ。

倒産に関する公開動画まとめ

「賃上げどころじゃない」倒産増加の中小企業の本音・・・今後どうするか?

物価高騰、人件費高騰、金利上昇懸念、とひたすらさまざまなものが上昇しています。倒産、休廃業も増加するなか、ゼロゼロ融資返済も本格化する中、賃上げの余裕なんてないのが本音。今後どうしていけばいいか?

倒産より多い?休廃業・解散が日本を弱くする?どうする?

倒産よりも実は多いのが、休廃業、解散です。かなりのGDPの損失となり、これが続けば日本の国力が落ちてしまうのは間違いない。打破するには何をどうしていけばいいか?

 

【2023】経営キーワードは物価高倒産。価格転嫁できるか?現状に迫る

2023年は、経営者にとっては物価高と向き合う1年になりますね。ポイントは価格転嫁できるか?というところと思うのですが、価格転嫁の現状はどうでしょうか?

スタートアップ倒産増加?他倒産トレンドまとめ・・・VUCA時代の中何がキーワードになる???

スタートアップの倒産が27年ぶりの水準になったようです。またそれ以外にも特定の業種の倒産が増加していますので、そちらをご紹介し、今後は何がポイントになってくるか?についてもまとめてご紹介。

 

倒産に加え「休廃業」増加?経営体力のある状態でのあきらめ型?今後は?

昨今、倒産も増加していますが、倒産だけではなく、休業・廃業し事業を終わらせるケースが増加しているようです。経営体力があるのになぜやめるのか?将来に悲観?

過去最大倒産の介護業界から学ぶべきこと?経済減速・賃上げ・インフレetcの中

世界経済減速で、国内でも賃上げ、インフレのコストアップ真っ只中です。 過去最大件数の介護業界の倒産も昨年あったようですが、このようなことから何を学び どうしていくべきか???

【1月10日】倒産ラッシュ止まる?借換保証開始&旅行支援再開で効果は?

2023年は値上げや金利上昇、返済開始などのマイナスも多い中、インバウンド回復も期待されています。1月10日より始まる、ゼロゼロ融資の借換保証制度や旅行支援再開は倒産を食い止められるか?

【2023年】経営者注目の経営テーマと問われる意識変革

2023年は経営者は多くの課題に直面しており、それを乗り越えていくことが求められます。どんなことに注目が集まっているのか?どう経営者はマインドを変えていかないといけないか?についてご紹介。

 

【2023年予想】インフレ・物価高は収まる?世界同時不況は?

2023年の経済情勢はどうなるか?インフレ・物価高は果たして沈静化されるか?世界同時不況は起こるのか?について、さまざまな見立てをご紹介。

【2023年5月】中小企業倒産ラッシュXデー?アナウンス効果に注意!

中小企業の倒産ラッシュのXデーが、2023年5月に迫っているということです。返済、円安、物価高、利上げの4重苦に人材不足も。報道を見るときの注意点についてもご紹介。

 

【悲報】2023年3月中小企業大量倒産・廃業説!?は本当か?リーマン超え?になってしまうか?

2023年3月が、中小企業の大量倒産・廃業が発生する時期になる、という説があるようです。これは本当に起こるか?リーマン越えになってしまうのでしょうか?

倒産ペースアップ!2023年は景気後退?やはり再構築必須?

倒産件数がここにきてさらに急加速しているようです。2023年はGDP成長と言いますが、逆に景気後退の懸念も非常に高いです。再構築も必須ですがそうもできない会社も増加しています。

倒産ラッシュ加速!?2023年倒産増加する業種とは?リーマン超え現実に?

昨今、目まぐるしく、金融政策や、政府の補助金政策、景気動向が動いております。そういう中、2023年に倒産増加が懸念されている業種はどんな業種か?そこから学べることは?などについてご紹介。

始まった倒産ラッシュ・・・2023年資金繰り支援は間に合うのか?

ついに始まってしまった倒産ラッシュ。しかも法人税増税も議論されているとのこと。ゼロゼロ融資借換など、資金繰り支援策は果たして間に合うのか?

【2022年12月】リーマンショック級の倒産増?農業や介護事業も!?

ついに倒産増加が鮮明になってきており、リーマンショック時並みになっている模様です。ただ、当時との違いもあるようで、今回特有の動きもあります。最新情報をまとめました。

【2022年11月末】倒産増加は小規模事業者に集中?倒産要因の5Cとは?

倒産ラッシュの前触れ!?倒産要因の5Cとは?小規模事業者が倒産が多いですが、その要因は何か?について11月時点の情報としてご紹介しています。

リーマンショック以来?倒産ラッシュはもうすでに始まってしまったのか?

倒産件数が、10月単月ではいろんな数値で「今年最大」「過去最大」となっているようです。中にはリーマン以来という数値も。倒産ラッシュはすでに始まってしまったのでしょうか?

倒産ラッシュ回避できるか? 567融資が延長!? 中小企業活性化パッケージNEXT

567融資を始め、セーフティネット4号や5号も延長に!?倒産ラッシュ回避できるか?中小企業活性化パッケージは補助金も含まれているのか?についてご紹介。

倒産件数が増加トレンド入り?特に要注意の3業種とは?厳しい4重苦

経営者にとっていよいよ厳しい時期が迫ってきました。経営4重苦があるなかで、さまざまなデータでも倒産増加がトレンドになってきている様子が伺えます。特に要注意の3業種、などについてもご紹介。

超巨大42兆のゼロゼロ融資終了は倒産ラッシュの引き金になるか?

ゼロゼロ融資返済の懸念がかなり高まっているようです。なんとその額は総額42兆円とのこと。今後どうなってしまうのか?

中小企業の倒産の典型3パターンと3つの対応方向性

中小企業の倒産によくあるパターンが!?倒産の要因とその対応の方向性についてご紹介しました。いまできること、先にやっておくことなど色々ありますが、原則はやはりこれだ。

近づく倒産ラッシュの未来。今後問われる経営者の決断軸7点

最近のニュースなどを見ていると倒産の兆候を示すデータが非常に多いです。本当にそういう未来になるか?ならないか?はわからないですが、そうなる前にどう方向づけるか?についてご紹介。

【危険】倒産・失業者増加の未来。今からできる備え方7選

倒産・失業者増加の未来が近づいている兆候がありますが、今からできる備え方をすぐ行っていくことが重要だと思っています。直近のニュースなどに加え、方法7選をご紹介

[2022]倒産ラッシュ迫る?物価高、ゼロゼロ融資返済、需要減少etc

2022年後半は倒産が増加する可能性が高いかもしれません。 もちろんそうならないように制度も延長されたり用意はされると思いますが、現在の状態についていろんなデータをご紹介します。

リスケの入り口 経営改善計画書とは?+2つの補助金もあわせてご紹介

ゼロゼロ融資その他、返済に困った場合、リスケという手段を取らざるを得なくなります。その場合に必要となる「経営改善計画書」。こちらについてと注意点、対応できる補助金もご紹介。

リスケとは?リスケするとどうなる?対応できる2つの補助金とは?

ゼロゼロ融資の終了から資金繰り悪化懸念がありますが、そもそもリスケとは何か?リスケしたらどうなっちゃうの?そういう中でも資金調達できるの?という点についてご紹介。

Copyright© 株式会社RAD , 2023 All Rights Reserved.