2大補助金が一気に採択結果発表!!2023年も期待できる!?

更新日:

いよいよ寒さも本格的になってきていますね。
12月にしては少し寒くなるのが早いですが、
こういう時はやはり体調を崩しやすいもの。

身体のメンテナンスもビジネスのうちですから、
しっかり守りたいところですね。

先週は、事業再構築補助金、ものづくり補助金が
ともに採択結果が発表されました。

無事採択となった方はおめでとうございます。

その詳細については、動画にて解説させていただいておりますが、
2023年も、この2つについては継続されるようです。
詳細は以下をご確認くださいね。

また、採択者様向けの動画も公開しており、引き続き

交付申請や実績報告も、最新バージョンを収録し、公開して参りますので

お楽しみにしてくださいね。

<12/12-12/18までの公開動画>

【速報!事業再構築補助金】9次公募が追加開始?締切・内容は?

 

【難化?狙い目?】12次採択発表!ものづくり補助金!今後は?

 

【事業再構築補助金】7次採択者までの「交付申請」徹底解説編(採択者向け)

 

【速報!事業再構築補助金】7次公募採択結果発表!今回どう?思ったより早い!?

 

【2022年12月後半版】インフレ・物価高騰支援金・応援金29選

 

始まった倒産ラッシュ・・・2023年資金繰り支援は間に合うのか?

 

【2023年】ものづくり補助金最大5000万円はいつから始まる??

 

【2023年】持続化補助金最大200万円→250万円いつから変わる?

 

<事業計画や今後の目標では、「自分や自社はどうありたいか?」をまず考えてみる>

12月のこの時期ですから、
来年の経営をどうするか?を考える時期でもあると思います。

ここで考える思考としては、まず「ありたい理想の姿」って
何なのか?ということです。
これを考えない限りは、
どうしても、既存の延長になり、
新しい発想にはつながりづらくなります。

もちろん既存の延長で積み上げる方向で考えたいのであれば、
それまで、ですが、新しい考え方が必要である場合や、
見直したい場合には、それではダメですね。

2023年は大きく変化が起こると思いますので、
積み上げで考えることは、無意味になる可能性もあります。

理想の姿を掲げ、外部がどうなろうとも邁進できそうな
ことに集中していく。

「ありたい姿を明確にし、そこから逆算する」

そういうことが基本的に、求められると思います。

以下、これを考えやすくする動画を3つご紹介しておきますので

ぜひご参考になってくださいね。

【有料級】あなたにとって「良い&儲かる理想のビジネス」発想方法

はじめての中期経営計画書の作り方の基本【事業計画書作成のキホン】

初心者向け!事業計画書の超基本徹底解説!

Copyright© 株式会社RAD , 2023 All Rights Reserved.