2022年新持続化補助金動画まとめ(インボイス・成長分配・後継者支援・創業随時更新)

更新日:

2022年の持続化補助金は、これまでの持続化補助金と比べ、大きく生まれ変わります。

より成長や雇用、最低賃金といった再分配や、事業承継、創業・起業者、さらには、インボイス発行事業者への変更による対応について、販路開拓の経費補助が行われます。

こちらでは、2022年の持続化補助金に特化した形で、情報をご紹介いたします。

<2022年持続化補助金の概要>

初期に配布されていた簡易パンフレットには以下の記載がありました。

赤字など業況が厳しい中でも、賃上げ等に取り組む事業者や、事業規模の拡大に 取り組む事業者向けに特別枠を創設し、補助率や上限額を引き上げます。

(成 長 ・ 分 配 強 化 枠 ) 最 大 200 万 円 、 補 助 率 原 則 2 / 3 ( 赤 字 事 業 者 の 場 合 に は 3 / 4 )

後継ぎ候補者が実施する新たな取組や創業を支援する特別枠、 免税事業者からインボイス発行事業者に転換する場合の環境変化への対応を支援 する特別枠を創設し、上限額を引き上げます。

( 新 陳 代 謝 枠 ) 最 大 200 万円・ ( イ ン ボ イ ス 枠 ) 最 大 100 万 円 、 補 助 率 2 / 3 )

2022年3月発表資料

こちらではより詳細に、コース(枠)についての解説や、加点される制度について、より詳しい解説が出てきました。

6種類の枠が新たに創設

  • 通常枠
  • 成長 ・ 分配強化枠として、賃金引上げ枠、卒業枠
  • 新陳代謝枠として、後継者支援枠、創業枠
  • インボイス枠

の6つが新たに創設されました。それぞれの詳細については以下の図がわかりやすいです。

優先採択のための加点がなんと7つも

今回は7つも加点措置が設けられました。

  • パワーアップ型加点として、●地域資源型、●地域コミュニティ型
  • 赤字賃上げ加点
  • 東日本大震災加点
  • 経営力向上計画加点
  • 電子申請加点
  • 事業承継加点
  • 過疎地域加点

の7つです。

中でも、電子申請加点は多くの方が使うでしょうから、

経営力向上計画加点など、他の加点に挑戦するのも1つの案と言えるでしょう。

<2022年の持続化補助金に関する動画まとめ>

【2022年】申請必要書類・ポイントまとめー持続化補助金

2022年の持続化補助金の、申請に必要な書類や申請時に注意したいポイントをまとめました。
今年も複数回ある持続化補助金ですが過去とも違っていますのでポイント抑えましょう。

 

【2022年持続化補助金】要注意ポイント5選 上限?コンサルティング費用は?労働者名簿や賃金台帳?他

2022年持続化補助金の注意ポイント5つご紹介します。 意外と先に知っておいた方がいいことや、事前準備した方がいいことが 今回は多いですね。

ラスト100万円低感染型は再び高採択率に!?【5/11持続化補助金採択結果発表】

2021年から2022年にかけて行われた、持続化補助金低感染リスク型ビジネス枠の採択結果が発表となりました。今回も高採択率でしたが2022年の持続化補助金はどうなりそうか???

久々大台!?高採択率!特徴は?【第7回持続化補助金一般型】

持続化補助金の一般型の採択結果が発表されました。大台の%に乗ったかな?とも思います。今後のスケジュールなどについてもご紹介しています。

【2022年】再構築・持続化補助金比較&調査してみた どっちがいい?どっちを出す??

2022年、人気を2分している、事業再構築補助金、持続化補助金ですが、その違いや、皆様からの人気状況、どっちがいいかを目的別にご紹介

【2022年200万円】持続化補助金 賃金引上枠・卒業枠の詳細、必要書類まとめ

2022年の持続化補助金の賃金引き上げ枠、卒業枠についての詳細や、この枠特有の必要書類についてご紹介。多くは通常枠で出される方が多いと思いますが、特別枠も考えたい方はご覧ください!

免税事業者の個人事業主・フリーランス・法人はインボイス枠は使えるのか?【2022年持続化補助金】

免税事業者の個人事業主・フリーランス・法人むけの2022年の持続化補助金のインボイス枠ですが、増額はされているが活用できるかどうか?についてご紹介

受付開始!ここに注意!ポイント5選【2022年持続化補助金】

申請開始した持続化補助金ですが、実は枠や加点以外に注意すべきポイントがあります。特にウエブサイト関連経費が代表的ですがそれ以外も含めて5つ解説!

【2022年持続化補助金】認定支援機関が公式ガイドブックを徹底解説!

2022年の持続化補助金の公式ガイドブックが出てきました。これは非常によくまとまっているため、徹底解説しました。皆さんの制度理解にお役立てください。

【2022年持続化補助金】まず審査を知る。採択を左右する7つの加点とは? 最大200万円

持続化補助金など補助金は相対評価、つまりその中で良いものが選ばれる特性があります。その審査、及び採択を左右する7つの加点についてご紹介します。

 

最大200万円!3/22サイト開設!公募開始【2022年持続化補助金】

ついに2022年の持続化補助金が開始に!?3月22日ついに公募開始で、今回は枠も加点もかなり増えております。3/23時点の情報ご紹介!

最大200万円がついに3月下旬始動!? 【2022持続化補助金】

ついに2022年の持続化補助金が始動!?3月下旬に公募開始で、今回は枠も加点もかなり増えており、使いやすいものになっていますね。3/17時点の情報ご紹介!

【2022年持続化補助金】最大200万円!成長分配枠・創業・後継候補者枠創設!? オススメか?

持続化補助金2022年はおすすめである可能性が高いです。しかし、採択率は下がる可能性も高い??現時点の情報と過去の採択率から迫ります。

【速報!2022年】予定の支援金・補助金・融資まとめ9選(事業復活支援金・事業再構築・ものづくり・持続化・IT補助金・事業承継)

2022年は、2021年より増額していたり、PCタブレットOKコースがあったり、成長性、グリーン分野などへのコース増設など、注目です!2022年に使える支援金・補助金・融資まとめ9選ご紹介!

<今後のスケジュール>

2022年5月現在、締切スケジュールは以下となっています。

今回は商工会・商工会議所が発行する事業支援計画書(様式4)の発行も期限が明記されており

こちらを厳守する必要があります。

申請受付開始 2022年3月29日
8回目受付締切分提出期限 2022年6月3日

申請受付締切: ※予定は変更する場合があります。

第 8 回:2022年6月3日(金)

事業支援計画書(様式4)発行の受付締切:原則2022年5月27日(金)

第 9 回:2022年9月中旬

事業支援計画書(様式4)発行の受付締切:原則2022年9月上旬

第10回:2022年12月上旬

事業支援計画書(様式4)発行の受付締切:原則2022年12月上旬

第11回:2023年2月下旬

事業支援計画書(様式4)発行の受付締切:原則2023年2月中旬

※事業支援計画書(様式4)の発行に時間を要する場合がありますので、余裕をもってお手続きいただきま すようお願いいたします。 ※電子申請の場合は、23:59まで受付。郵送の場合は当日消印有効。

当初発表された、今後のスケジュールについては、3月下旬から公募開始となり、1回目の締め切りは6月頃となる予定です。

それ以降のスケジュールについても、順次発表されるかと思います。また随時情報公開してまいります。

 

 

<活用例・イメージ>

事務局が発表している、活用イメージの例ですが、やはり、販路開拓、売上向上、単価アップ、新規顧客獲得、などの色合いの強い補助金であることが言えます。

<コメント>

今年の持続化補助金は、やや大型200万円と増額されています。

各枠の要件は少し理解する必要があるものの、狙い目と言っていいでしょう。

しかし、そう感じるものは、必ず競争が厳しくなるため、

専門的に事業計画作りに長けている方に相談をすることをおすすめします。

お問い合わせ

Copyright© 株式会社RAD , 2022 All Rights Reserved.