持続化補助金一般型・低感染リスク型ビジネス枠、採択結果発表

更新日:

 

小規模な会社のマーケティングや集客、販売、生産性向上を支援してもらえる制度である、

持続化補助金一般型・低感染リスク型ビジネス枠について、8月31日と9月1日に採択結果発表されました。

申請の締め切り時期は約1ヶ月ほどずれいていた2つの制度でしたが、2020年は、非常に難易度の高い制度でした。ところで、今年はどうだったのでしょうか?

 

一般型の採択結果は?

中小企業庁のホームページには下記の記載がありました。

令和2年3月10日から募集を開始しており、令和3年6月4日に第5回公募分を締め切りました。申請のあった12,738件について外部有識者による厳正な審査を行った結果、6,869件の採択事業者を決定しました。

こちらが今回の結果となります。概ね54%といったところかと思います。

6月4日に提出をして、8月31日に結果が出ているわけですから、ほぼ3ヶ月程度かかっています。

それだけ審査を厳密に行なった、という事でしょうか。

低感染リスク型ビジネス枠の採択結果は?

こちらについても、中小企業庁のホームページには下記の記載がありました。

こちらも、53%程度なので、ほぼ同じくらいの採択率となっています。去年が30%

台だったことを考えると劇的な向上ともいえますね。

令和3年3月31日に公募開始し、7月12日に第2回受付を締め切りました。申請のあった10,205件について、外部有識者による厳正な審査を行った結果、5,361件の採択事業者を決定しました。

こちらは、7月12日に提出されてから、9月1日に結果が出ているわけですから、1ヶ月半程度での審査を行うことができた、ということになると思います。

同じような制度でもこれくらいの審査スピードの差が出るのですね。

それぞれ詳細については解説動画を速報で作成していますので、

是非そちらもご覧になってください。

持続化補助金一般型の採択結果

持続化補助金 低感染リスク型ビジネス枠の採択結果について

<今後の締め切りなどについて>

これからさらに制度利用をしようと思われている方は、締め切りが2つの制度で異なって設定されていますので、注意して活用しましょう。(詳細は必ずHPでご確認ください)

一般型の締め切りについて

第5回受付締切 第6回受付締切 第7回受付締切 第8回受付締切以降
申請書類一式の

送付締切

2021年6月4日(金)

【郵送:締切日当日消印
有効】

※締め切りました

2021年10月1日(金)

【郵送:締切日当日消印
    有効】

2022年2月4日(金)

【郵送:締切日当日消印
有効】

*今後改めてご案内
します。
採択結果公表 2021年8月31日(火) *調整中 *調整中 *今後改めてご案内
します。
補助事業の

実施期間

 

交付決定通知受領後から

2022年3月31日(木)まで

交付決定通知受領後から

2022年7月31日(日)まで

交付決定通知受領後から

2022年11月30日(水)まで

*今後改めてご案内
します。

 

低感染リスク型ビジネス枠の締め切りについて

第3回受付締切分 申請受付締切日時 2021年 9月 8日(水)17時
採択案件の公表 確定しましたら、ご案内します
補助事業実施期間 交付決定日から2022年 6月30日(木)まで
補助事業実績報告書提出期限(※) 2022年7月10日(日)
第4回受付締切分 申請受付締切日時 2021年11月10日(水)17時
採択案件の公表 確定しましたら、ご案内します
補助事業実施期間 交付決定日から 2022年 8月31日(水)まで
補助事業実績報告書提出期限(※) 2022年9月10日(土)
第5回受付締切分 申請受付締切日時 2022年 1月12日(水)17時
採択案件の公表 確定しましたら、ご案内します
補助事業実施期間 交付決定日から2022年10月31日(月)まで
補助事業実績報告書提出期限(※) 2022年11月10日(木)
第6回受付締切分 申請受付締切日時 2022年 3月 9日(水)17時
採択案件の公表 確定しましたら、ご案内します
補助事業実施期間 交付決定日から2022年12月31日(土)まで
補助事業実績報告書提出期限(※) 2023年1月10日(火)

 

Copyright© 株式会社RAD , 2021 All Rights Reserved.