持続化補助金の事業報告前にチェックしたい項目まとめ

投稿日:

2020年に実施した
そろそろ持続化補助金の事業報告期間の終了が
迫ってきている方も多いかと思いますが、進捗いかがでしょうか?

無事進んでいますでしょうか?

こちらでは、持続化補助金の事業報告の必要事項などご紹介できればと思いますので、参考になさってください。

★報告期限について

2020年5月締め切り→2021年2月10日提出締め切り(事業は1末まで)
2020年6月締め切り→2021年4月10日提出締め切り(事業は3末まで)
2020年8月締め切り→2021年6月10日提出締め切り(事業は5末まで)
2020年10月締め切り→2021年8月10日提出締め切り(事業は7末まで)
ちなみに一般型、コロナ型の日程はこちらになります

一般型

コロナ特別対応型

★採択から報告までの手続きの流れ

採択結果通知書が届く→交付決定通知書が届く→事業開始(広告やページ制作など行う)→事業報告(期日までに)→補助金申請し入金

★報告で提出するものの一例

・採択番号(交付決定通知書に書かれている4ー6桁番号)
・様式
・使った経費の、見積もり、契約書(発注書)、請求書、振り込み明細、出来上がったもの(購入物)の写真など
・補助金の入金予定の銀行口座のコピー(表紙と1枚目)
などです。
申請された内容によっては変わる部分がありますので、公募要領をよくお確かめください。

事業報告を考える着眼点

報告書には、このようなことを踏まえて記載することが必要でしょう。

1取り組みされてから、顧客への告知などを行ったと思います。
どんな手段で告知されましたか?

2実際契約に繋がったり売上向上などはございましたか?あれば金額や件数などを書いた方がいいですね。

3コロナの中で、顧客からの問い合わせや相談は増えました?

4具体的な成果として出たものはなんですか?

 

●採択後の流れ動画一覧

【2020最新】持続化補助金採択後に行う事業報告まとめ(採択者・応募者必見)

https://youtu.be/y90fsMzuTqk

【Q&A解説7選】最大200万円!持続化補助金「採択後」に大事な実績報告、事業実施について

https://youtu.be/cgCDiHIQxzA

2020年持続化補助金採択決定後の流れまとめ

https://youtu.be/AR81mw-CZFY

【重要】持続化補助金の事業報告で添付すべき書類一覧まとめ

https://youtu.be/C_-O9IDWxgg

Copyright© 株式会社RAD , 2021 All Rights Reserved.