2021年は事業再構築(業態転換)の年に。コロナの変異型も検出?

投稿日:

先週15日、第三次補正予算が決定され、いよいよ開始の方向性となりました。

来年度も、やはりビジネス転換が必要な業態への支援は
多く出てくるものと思います。

詳細は動画で解説をしておりますが、
基本的には、来年は、「業態転換」という事に
2020年以上に取り組む企業が増えそうな予感です。

ただ、やり方によっては失敗する例もありうると思います。

概要解説だけでなく、そういう視点もご紹介していますので、
こちらの動画も御覧ください。

【先週の公開動画一覧】

●家賃支援給付金!申請件数増加!さらに増えるか?

●2021年の事業承継・引き継ぎ補助金はこうなる!(第三次補正予算)

●2021年3大補助金の「低リスク感染型ビジネス」とは?(ものづくり・持続化・IT補助金)

●【再録】新制度の事業再構築補助金!徹底解説(音声改善+情報量増加版)

●2021年地方移住100万円「グリーン住宅ポイント制度」開始へ

●「時短協力金」年末年始120万に増額!でも・・

●「事業再構築補助金」活用に向けて考える必要な視点9選

◆終わりに イタリアで変異型のCovid-19が

デンマークやオーストラリア、イタリアで
感染力が非常に強い新型コロナウイルスの変異種が見つかったとのこと。
ついに変異が見つかったという事で、
これまでに予想されていたシナリオの1つの流れに
なってきました。
南アフリカなどでも別の種類のウイルスが見つかったようですね。

冬場で免疫力が低下しがちな状況の中、
これがさらなる経済への追い打ちとなってしまう懸念もあります。

感染対策と免疫強化を行いつつ、
経済を止めない、新規事業構築を検討する、
既存事業の拡大など、方向性をしっかりと考えて
いかなければいけないですね。

あと年内も10日です、来年に備えられる面は備えていきましょう。

Copyright© 株式会社RAD , 2021 All Rights Reserved.