2021年の雇用助成金や補助金が続々。経営はベクトル合わせが重要。

投稿日:

ここ最近は2021年のさまざまな施策がどうなるか?といったような
話が非常に多いです。
動画でもご紹介をしていますが、やはり注目なのは
「事業再構築補助金(仮)」や、
雇用関連の制度、あたりでしょうか・

いずれにしても、まだ本決定ではないため、
仮の話となりますが、2020年にあった制度を使っていても
おそらく使えると思いますから、
経営者としては使いたいところですね。
下記でご紹介していますので、参考にしてください。

【動画一覧】

家賃支援給付金続報!給付件数・申請件数ともに微増

 

コロナ離職者バイト採用でも月に4万円もらえる制度創設

 

速報!緊急小口資金・総合支援資金・住居確保給付金の期限が延長に!?

 

 

速報!家賃支援給付金で初の不正受給逮捕者が!?

 

1月末締切!売上不振企業の固定資産税・都市計画税減免!

https://youtu.be/jFgNCOso7Sk

 

2021年新制度!雇用シェア助成金が増加!?

●経営は目線合わせが重要ですね

 

感染者増加、時短営業と、マイナスの話が続きますね。
また時短営業とかいう話にもなってきています。

こうなると短期的な持久戦みたいな話になります。

飲食店さんでも、一人でお店を回しておられる店が
かなり増えた印象があります。
またGotoの中止も、旅行や人の移動を減らす目的ではありますが、
観光に大きな打撃が加わってしまいます。

経済・感染と難しい判断かと思いますが、
今回は前の自粛時ほど、全員の目線が一致しておらず、
いずれにせよ、効果は前よりは少ないだろうと思います。

やはり「目線合わせ」は重要であり、
何かコトをなす時は、ベクトルが合わなければうまくいかない。

経営者にとって本当に難しい1年で、最後まで厳しい試練があるこの1年も
あと2週間ちょっとです。
なんとか踏ん張り、来季に繋げていきましょう。

Copyright© 株式会社RAD , 2021 All Rights Reserved.