ウクライナ情勢変化に補助金・融資拡大も!?事業復活支援金はかなりの差が?

更新日:

先週は、戦争ムードが一気に高まった1週間でしたね。

ロシアがウクライナを攻撃、
首都まで寸前まで行くとは正直想定
していませんでした。

軍事戦略はかなり前から、
緻密に検討されていたように思えます。

このような情勢変化から、
原油高が一層高まることから、
補助金や、中小・小規模事業者向け融資の拡大などが
すぐでてきました。
(下記でもご紹介していますので、ご参考にしてください。)

事業復活支援金も上乗せ措置の拡大や、その開始時期、締切が近いものなど

最新情報が増えてきていますので、そちらも動画にてご紹介しています。

では先週公開の情報です。

<2/21-2/27の公開動画>

【事業復活支援金】放置増加の中早期入金のためにできること?皆様のお声

 

【開始・締切も】 事業復活・月次支援金 追加・上乗せ施策23選まとめ-2/26時点

 

【2/25最新】ロシア・ウクライナ情勢変化に対する中小・小規模事業者融資拡大!

 

【2/24最新】給付停滞の月次支援金。事業復活支援金もそうなる?

 

【2022年4大補助金】続々開始&締切 !それぞれどう使い分ける?

 

最新!給付実態は半分以下?件数データ公開&皆様のお声【事業復活支援金2/23時点】

 

非接触事業100万円3/9ラスト!2022年は200万円?【持続化補助金】

 

【3週間経過の事業復活支援金】最新入金&皆様のお声 初日申請放置問題?

【終わりに まん延防止も延長?】

先ほど述べました、戦争以外にも、
コロナの感染者数が以前多いことを受け
まん延防止措置が延長になる可能性が高まってきています。

3月6日から2ー3週間ほど延長する可能性があるようです。

それに対する意見はありますが、それはさておき、
本日の動画でもご紹介しました、
事業復活支援金に望みを持たれる方も多いかと思います。

支給はかなり差があるようなので、
耐えながらも次のチャンスを狙う時期です。

チャンスは、自分で考えるものもあれば、
人とのコミュニケーションで生まれるものもあります。
いろんな業界の現状にも目を配ることが、気づきにつながる
可能性もあります。

流石に春には、よくなっている(はず)と思いますので、
ここが正念場ですね。頑張っていきましょう。

Copyright© 株式会社RAD , 2022 All Rights Reserved.