新事業開拓や仕事を作ることはやはり大事

投稿日:

来年2021年の新卒ですが、
内定者は11%減少、と報じられていますね。
2桁減は、昨今の人手不足も手伝いリーマン以降で初になってます。

業種によって全く状況が異なっているようです。
また業種でも、同一業種間や職種間でも、
このような現象は起こります。

そのような時代の流れに乗っていくためにも、
新たな事業の開拓、仕事を生み出すことの重要性を改めて感じました。

先週は、今年の家賃支援給付金や持続化給付金、
また来年の予算動向などを中心にご紹介しました。
是非御覧ください。

【提供動画一覧】

●家賃支援給付金続報 給付件数再び減少

 

●5万?15万?詐欺メール登場の特別定額給付金まとめ

 

●「確認中2ヶ月」多数の家賃支援給付金と早すぎる持続化給付金

 

●3次補正と2021年予算が合体!追加経済対策は?

 

●ここに注意!経営資源引継ぎ補助金2次公募

 

●経営資源引継ぎ補助金第一回採択結果分析してみた!

【終わりに】 年内でやるべきことを必ずやる

 

10月も後半となりまして、今年も2カ月半ほどで
終わってしまいますね。

ここから年末に向けてしっかりと目標達成のために
やるべきことはやり、また来年以降の活動も
行っていかなければいけませんね。

こういう中では、年内でやるべきと決めた事は
絶対にやる、それは個人的なものでも、集団でのことでも
同様だと思います。

節目節目で、そういう風に決め、考え、動くこと、
これが経営者にとっても求められてることだと思います。

まだ今からだとやり残しも減らせますので、
何とかやりきり、有終の美を送れるようにしましょう。

Copyright© 株式会社RAD , 2021 All Rights Reserved.