都道府県や市区町村でも様々な施策が多数あります。

投稿日:

この週末の人出は非常に多かったようですが、
もう解除に向かっていることと、
ストレスも溜まっていることから
当然の動きになっていますね。

感染者数もかなり減ってきている様子でした。
(確か全国でも1日2千人を切っていました)

また、全国の都道府県や市区町村でも、
さまざまな施策が出ているようです。
(起業系、家賃系、月次の上乗せ系など)

先週も色々動画解説を行いましたので、
是非ご覧ください。

【今週の動画一覧】

●全国移住・起業・創業補助金、給付金まとめ【2021年6月版】

 

●実はまだある!全国家賃支援金まとめ【2021年6月版】

 

●休業・月次支援金に上乗せ可能!?全国の休業支援金【2021年6月版】

 

●独創的アイデアを求める「異能」vationプログラムとは?(総務省×角川アスキー研究所)

 

●事務局に聞いてみた!事業再構築補助金!最新質問3選

 

●【最大60万円】月次支援金給付額計算を徹底解説

 

【終わりに 今のうちに採用を】

 

日本の現在の有効求人倍率は4月時点では1.1程度でした。
これは、仕事1に1.1人が人を探しているという形です。
コロナ以前にはまだ戻ってはいませんが、横ばいの状態ですね。

5月は、緊急事態宣言の延長もあったため、
もう少しデータが出れば下がっているかも知れませんが、
アメリカでも雇用統計の数字は改善方向に行ってますので、
ワクチン接種が進めば、
数カ月遅れて日本も上がってくると思います。

余力ある会社にとっては、今はまだ「採用チャンス」
である可能性も高いです。
余力がなくても先行投資が可能なら
採用を行っていく必要があるかも知れません。

Copyright© 株式会社RAD , 2022 All Rights Reserved.