明けましておめでとうございます。2023年はどんな一年にする?

投稿日:

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします。

この正月はどのようにお過ごしになられましたでしょうか?

仕事でとにかく忙しかった方もいらっしゃれば、

久しぶりに帰郷された方や、長期休暇で海外に行かれた方など様々でしょう。

また、初詣に行かれておみくじを引かれたりもされたと思います。

ちなみに私は大吉でした。今年も良いことがあるでしょう(と信じています)

 

さて、2022年を振り帰れば、

物価高、インフレが襲いかかってきた1年だったと思いますね。

2022年末には、2023年は不況に突入する、その前に倒産ラッシュが起こる

予測などもありましたし、世界同時不況もあるのでは?という憶測まで出ていた次第です。

 

2023年は1月10日から、借換保証制度が本格的にスタートします。

これは、単なるゼロゼロ融資の借換だけにとどまらず、事業再構築など前向きな投資活動を

促進する名目で始まるものです。売上減少要件も5%程度ですので、多くの企業が

取り入れることが出来ると思います。

そのあたりについては、昨年の最終週での動画で多くご紹介しておりますので、

ぜひご参考ください。

<2022年12月26日ー1月2日までの動画>

【2023】スタートアップ経営者保証解除&借換保証一気に進む!?

【2023】1月10日!ゼロゼロ融資の借換保証制度スタート!概要解説

【悲報】2023年3月中小企業大量倒産・廃業説!?は本当か?リーマン超え?になってしまうか?

【2022年末】業績拡大・好調・V字回復・今後期待の業界とは?(物価高・感染症拡大時期を乗り越えて)

【2022年末】経営者保証なし融資の現状&今ある経営者保証なし融資とは?

【2023年5月】中小企業倒産ラッシュXデー?アナウンス効果に注意!

 <専門家でも予測は外れる。未来予測は無意味?>

年末年始の時期には、様々な方が、今後の見通しについて述べられる機会があります。

もちろん、ニトリの似鳥会長のように、よく当てられる方もいらっしゃいますが、

ほとんどの予測というのは、当たらないです。また、専門家によっても判断が全く異なります。

そのため、予測は外れる、が参考にする、程度のスタンスが良いと思います。

 

なぜこのようなことが起こるのか?というと、

専門であれば専門であるほど、他の分野との繋がりが弱くなり、結果このような

予想はズレたものとなるのではないかと思います。

 

全体を見まわせる方というのはほとんどいないかと思いますが、

普段から社長は、四方八方に気を配って仕事をしていると思います。

もしかすると、社長同士の雑談が一番当たってるんでは?と思うことさえあります。

 

話を戻しますと、予測するのではなく、目標を立てる時期だと思います。

しっかり、1年で何を得たいのか?それはなぜなのか?

どのようにして行うのか?などを明確化して、良い2023年にしていきましょう。

 

Copyright© 株式会社RAD , 2023 All Rights Reserved.