2023年補助金・支援金・給付金・減税まとめ

更新日:

2023年は、「新しい資本主義」の掛け声のもと、新しい軸、方向性が出てきています。さすがにもう感染症に関してではなく、新しい問題に対応するためや、新たな投資の方向性を示していますね。

2022年からの円安、物価高騰など様々な問題は山積みでありますが、

企業を支援する策についても、順次用意されてきています。

こちらでは、2023年度に活用可能な制度や情報について

定期的にまとめて発信しておりますので、

ぜひ使えそうなものがあったり、活用したいものがあれば、ご利用を検討ください。

<前提 新しい資本主義・骨太の方針>

2023年は、2022年時点でも、人や科学技術・スタートアップ、脱炭素の4本の重点投資を既に言われておりますので

ここの分野は注力ポイントになるでしょう。

事業再構築補助金の法制化なども記載があるため、補助金施策の動向も非常に気になるところです。

これ以外にも、政党単独の話としては、10万円給付案やインフレ手当案なども出ているようです。

今後も注目していきたい内容です。

※注意

2022年段階ではまだ予算案等の状態ですので、実際に行われるかどうかは不明です。

また、1つの政党内での提出内容も含まれておりますので、正確には最終決定を確認ください。

また、金額や内容などは常に変化しますので、最新の情報は常に各行政機関のホームページや資料を参照していただきますよう、お願いいたします。

【実現する?】「インフレ手当」 10万円給付案!? 再10万円国民給付案

再び10万円の国民給付案が「インフレ手当」として国会に提出されるようですが、これはどうなるでしょうか。一旦現時点の情報と見込みについてご紹介しています。

10月新経済対策決定。方向性おさらい・再確認・まとめ

10月に新経済対策の決定となるようです。今向かっている方向性のおさらい、再確認、まとめとしてアップしました。補助金や減税を把握しておけば色々な検討もしやすくなるのでチェックしておきましょう。

【超速報】新支援金ある?なし?2023年補助金予定7選(2022年9月6日時点)

2023年の補助金の方向性が見えてきましたので超速報という形でご紹介します。これで全部ではないと思いますが、2023年は支援金はあるのでしょうか?

2022「新しい資本主義」特別枠設置?中小企業のチャンスになる?

「新しい資本主義」に特別枠が設置されましたが、これは中小企業のチャンスとなるか?スタートアップやベンチャーはどういうところを見ていくべきか?

創業5年未満の経営者資金調達がラクに?個人保証免除!?スタートアップ10倍に?

創業後の経営者個人保証は、1つ起業をする際にネックとしてあげられるポイントだったと思いますが、それが今後は免除になる方向性です。これまでは逆にどうだったか?などご紹介。

参考:中小企業経営にも関係する「骨太の方針2022年」ポイント整理

中小企業経営にも関係する点が多い「骨太の方針」2022ですが、 こちらのポイントを整理しました。確認程度にお使いくださいませ。

 

Copyright© 株式会社RAD , 2022 All Rights Reserved.